All About で紹介された出会い系サイト

「出会い系」という単語はネット上でもなかなか使いたくない人が多い中、All Aboutで「出会い系」という単語を使って紹介している記事がありました。

以下はそのAllAboutの記事を抜粋したものです。

登場人物は全員ニューヨークにいて、アメリカの出会い系サイトを使っているという話です。

「YAHOOのサイトからMATCH.COMへ登録しませんか?ってメールがきたから、そのままそちらにも登録しました。自分からメールを送る際にお金を払うっていうシステムなので、いつも男性の方からメールがきてて私はお金を払ったことはありませんが。

その中から5,6人と会ってみたけど、仕事先とかステータスは良い人が多いんですよこれが。だけどルックスがダメ。もちろん英会話だけを目的にしてたし、どの人とも肉体関係には及んでいませんよ。」

ヤビー(上記の女性)は、そろそろ出会系サイトでの遊びに飽きてきた頃、MATCH.COMで運命的な出会いを経験するのだった。

「出会い系サイトで知り合って、初めて顔をあわせて話すことって、いつも同じようなことなんですよね。そういうのにも疲れてきたし、そろそろ出会い系サイト遊びをやめようって思ってて。でも約束しちゃったし、しょうがない、最後だ!って思って会ったのがリー(主人)だったんです。

彼はというと、つき合いだしてからわかったことなんですが、MATCH.COMフリークな友人の家に遊びに行ってて、『この写真の女性にメールしてみろよ!』なんて友人にそそのかされて、私にメールしてきたらしくて。

リーのことを、まず気に入ったのは、時間に正確なところ。 お世辞ばかりで口先だけの男性ではなくて、約束をきちんと守るところでした。ルックスもなかなかいいし、好みのタイプだったんです。」

リーは日本の少女漫画に描かれそうな、線が細くて、インテリタイプのハンサムな白人男性。アメリカ人には珍しく口数が少ない。そしてアメリカ人特有の傲慢さがないのは確かだ。

こうしてヤビーはリーとデートを重ね、結婚に至ったのだった。

ヤビーのようにハングリー精神旺盛な女性だからこそ、男性とも運命的出会いをとげることができたのかもしれない。現状に不満があれば、何か行動してみる。とにかく何でも行動に移して、やってみるということが大切なのだ。

参考記事はこちら>>出会い系サイトも捨てたもんじゃない! 特殊なシステムのキャリア〜

この記事の中で使われているmatch.comについては、日本でも運営されているmatch.comと同じ運営会社です。アメリカでは日本以上にmatch.comの利用者が多く、多くの人がmatch.comを認知しています。

ネット恋愛を広めていくには?

 

AllAboutでは、たまに出会い系やネット恋愛について赤裸々に語られていることがありますが、今回の記事のように顔出しをして出会い系について語るというのはAllAbout以外ではほとんど見かけません

顔出しをしないで出会い系を語るサイトは無数にありますが・・・。

例えば、芸能人がネット恋愛をしている、などという話は聞いたことがないでしょう。

実際、使っている人がいるのかと言われればわかりませんが、売れない芸人さんや売れない役者さんなども含めると、必ず使っている人がいるはずです。

それでも「ネット恋愛で出会った」とは誰も言わないでしょうし、日本ではそれが言える環境が整っているとは言えません。

今回ご紹介したような、AllAboutの記事など、数少ない顔出しで出会い系やネット恋愛に語っているサイトをご紹介していくことで、出会い系やネット恋愛は普通のことになってきているということを広めていきたいと思います。

誰か著名な芸能人がネット恋愛について語ってくれればもっと広がると思いますが・・・そんな勇者が現れるといいですね。

 

関連記事

>>match.comってどんなサイト?

>>男性スタッフのmatch.com体験談

>>女性スタッフのmatch.com体験談

-->