出会いの秘訣(5) ~成功の秘訣~

コラム担当:「ラブサーチ」みずき

 

全5回にわたるコラムも今回で最終回となりました。これまでご紹介した出会いのコツをおさらいしましょう。

<ラブサーチ・出会いの秘訣より>
http://www.loves.ne.jp/deaihiketsu/index.php

秘訣その1 プロフィールを充実させる

プロフィールは、一番自分の性格を表現できるところ。プロフィールの雰囲気を見てメールをしようか判断する場合がほとんどです。適当に書いている方は修正しましょう。

写真は掲載したくない方もいると思いますが、写真から雰囲気が分かりますし、相手を知る上で重要な項目なので相手を安心させるためにも、掲載したほうがメールしやすいです。

また、自己PRは、自分ができないことを10個紹介するより、できることを1個だけアピールすればいい印象を持ってもらえると思います。

秘訣その2 メールを送る前の手間が重要

メールを送るからには返信をもらいたいもの。返信率をアップさせるには、メールを送る前に以下のことを行うと、返信が届きやすいのです!手間だと思わずに、実践してみてくださいね。

・プロフィールだけでなく、日記なども見ること。ワンクリックで思わぬきっかけとなるメッセージが待ち受けているかもしれません。

・あなたに好意がある、興味があるんだとアピールしておきましょう。「気に入ってくれてるのかな」と思わせることがポイントです。

・自分の書いたメールを読んで、もし自分がもらったら嬉しいか、失礼がないかを確認してから送信しましょう。

秘訣その3 ファーストメールの注意点

コピーメールはバレています。必ず相手のプロフィールを読んで、一通ずつ丁寧にメールを作成しましょう。何を見てメールをしたのか、趣味や共通点を盛り込んで、例えば音楽が趣味の相手なら、「私も音楽好きです。どんな音楽が好きですか?」など質問形式にすると、返事がきやすいと思います。

また、簡単な自己紹介は必要ですが、プロフィールを長々と語られたり、独りよがりに一方的に自分の話をして、「気が合うね」など言われると、少し引いてしまう場合もあるのでご注意。それから、いきなりタメ口はNGですよ!

秘訣その4 メールが途切れないようにするには

メールを長く続けるには、相手を思いやり、素直に自分を表現しながら、お互いのことを良く知ろうとする努力が必要です。

「今何してる?」「休みの日は何してるの?」など誰にでも簡単に打てる質問は、返信率は下がってしまいます。多くの方は、さほど変わったおもしろいことをしていないのではないでしょうか。このような質問は、つまらないし面倒くさくて返信をしたくないというのが正直なところ。

「特に何も・・・」「あぁ、そう」で終わるような中身のない会話ではなく、「へぇ~」って思えるような踏み込んだ思いをメールで話し合えたら、相手のことをもっと知りたいと思いますよね。

また、相手の好きな趣味の話しなどを持ちかけるなどして、聞き上手になるのがポイント。相手の意見や思いに同感して、「うんうん、分かる」などと表現したほうがいいでしょう。同じ意見なら安心感が得られるし、自分の意見が受け入れてもらえたら、親密になれると思います。

相手のペースに合わせてとにかく慌てさせない、メールが来ないからといって返信を催促せず焦らないことが重要です。忙しい相手には、「仕事お疲れ様」などの気遣いの言葉をかけてあげて。

なかには、こんな意見も!
・日記やブログなど、コミで他人の悪口を言わない
・周りのフォローがあったから...仲間に感謝です。
・きっかけよりも、その後をどうするかだと思います。釣った魚にもエサはやりましょう!

まとめ・・・

趣味や共通点が多いほど、会話が弾んでもっと相手のことを知りたい、もっと仲良くなりたいと思うようになります。趣味や共通点探しが重要ですね!共通点探しができる機能がたくさんあるラブサーチで、素敵なお相手に出会えるといいですね☆

 

コラム担当:「ラブサーチ」みずき

ねとらぶより一言

こちらのコラムは2001年から「サクラのいないサイト」として安心・安全な運営をされてきました、ラブサーチのみずきさんがコラムを担当しています。

最終回はこれまでのコラムを綺麗にまとめて頂きました!

なかなか出会えていない人は一つ一つを丁寧に見直してチャレンジしてみてください!

 

関連記事

>>出会いの秘訣(4) ~おすすめ機能~

>>出会いの秘訣(3) ~仲良くなるための努力~

>>出会いの秘訣(2) ~ファーストメールで注意したいこと~

>>出会いの秘訣(1) ~アプローチの理由~

>>ラブサーチってどんなサイト?

>>男性スタッフのラブサーチ体験談

>>女性スタッフのラブサーチ体験談

>>ラブサーチ運営会社に直撃インタビュー!

-->